トップ | バージョン2 最新版 | バージョン3 β版

チケット #217 (assigned 機能追加)

登録: 10 年

最終更新: 10 年

型チェック補完機能

報告者: daisuke 担当者: daisuke
優先度: 普通 マイルストーン:
コンポーネント: アプリケーション バージョン:
キーワード: 関係者:

説明 (最終更新者: daisuke) (diff)

たとえば、
typedef int Id;
typedef int Index;
void func( const Id inID )
{
...
}
main()
{

Index a;
func(a);

}
としたときに、func(a)の位置に強調表示を表示する。
また、付箋紙ウインドウ等に、「引数の型と仮引数の型が一致しません」等のメッセージを表示する。

チケットの履歴

更新者: daisuke (10 年 前)

  • ステータスnew から assigned に変更されました。

たとえば、
typedef int Id;
typedef int Index;
void func( const Id inID )
{
...
}
main()
{

Index a;
func(a);

}
としたときに、func(a)の位置に強調表示や付箋紙ウインドウを表示する。

更新者: daisuke (10 年 前)

  • 説明 が変更されました (diff)
Note: チケットについてのヘルプは TracTickets を参照 して下さい。