トップ | バージョン2 最新版 | バージョン3 β版

チケット #50 (closed 機能追加: 対応済)

登録: 12 年

最終更新: 11 年

(旧B0099)ツールコマンドのSELECTEDが、ツール起動時の選択文字列のまま更新されない

報告者: daisuke 担当者: daisuke
優先度: 普通 マイルストーン: 2.1.9b8
コンポーネント: アプリケーション バージョン:
キーワード: 関係者:

説明

(旧バグリストB0099より移行)

チケットの履歴

更新者: daisuke (12 年 前)

  • ステータスnew から accepted に変更されました。

ツールコマンドSELECTEDは、ツール起動時の選択文字列になっています。
この仕様を変更すると、従来バージョンで作成されたツールが正常動作しなくなる可能性があるので、
この仕様はこのままにしたいと思います。

一方で、ツール途中で選択文字列を変更した場合に、その選択文字列を挿入したい場合もあると思いますので、
別のツールコマンドを作ることを検討したいと思います。

更新者: daisuke (12 年 前)

  • 概要ツールコマンドのSELECTEDが、ツール起動時の選択文字列のまま更新されない から (旧B0099)ツールコマンドのSELECTEDが、ツール起動時の選択文字列のまま更新されない に変更されました。

更新者: daisuke (11 年 前)

  • 分類不具合 から 機能追加 に変更されました。
  • マイルストーン2.1.9b8 に設定されました。

選択文字列を変更したのち、文字列を挿入すると、「選択文字列」は変わってしまうので、
”現在の”選択文字列を挿入するツールコマンドはあまり意味がありませんでした。

現在の選択文字列を変数のようなものに保存するツールコマンド、
変数のようなものから現在の選択文字列をとりだして挿入するツールコマンドを検討したいと思います。

更新者: daisuke (11 年 前)

  • ステータスaccepted から closed に変更されました。
  • 解決方法対応済 に設定されました。

下記ツールコマンド追加
SETVAR-SELECTED()
GETVAR

括弧内の文字列を変数名として、現在選択中の文字列を変数に格納します。

Note: チケットについてのヘルプは TracTickets を参照 して下さい。