トップ | バージョン2 最新版 | バージョン3 β版
バージョン 1 (更新者: trac, 12 年 前)

--

reStructuredText における TracLinks

このドキュメントは reStructuredText での ..trac:: ディレクティブの使い方を説明します。

{{{
#!rst 

例:
 * チケット: :trac:`#1`, :trac:`ticket:1`
 * チケットのコメント: :trac:`comment:ticket:1:2`
 * レポート: :trac:`{1}`, :trac:`report:1`
 * チェンジセット: :trac:`r1`, :trac:`[1]`, :trac:`changeset:1`
 * リビジョンログ: :trac:`r1:3`, :trac:`[1:3]`, :trac:`log:@1:3`, :trac:`log:trunk@1:3`
 * Diff (バージョン 0.10 以降): :trac:`diff:@20:30`, :trac:`diff:tags/trac-0.9.2/wiki-default//tags/trac-0.9.3/wiki-default`, :trac:`diff:trunk/trac@3538//sandbox/vc-refactoring/trac@3539`
 * Wiki ページ: :trac:`CamelCase`, :trac:`wiki:CamelCase`
 * マイルストーン: :trac:`milestone:1.0`
 * 添付ファイル: :trac:`attachment:ticket:944:attachment.1073.diff`
 * ファイル: :trac:`source:trunk/COPYING`
 * 特定のリビジョンのファイル: :trac:`source:/trunk/COPYING@200`
 * 特定のリビジョンのファイルの特定の行: :trac:`source:/trunk/COPYING@200#L25`

}}}

docutils がインストールされていれば、上記のブロックは以下のように表示されます:


例:
 * チケット: :trac:`#1`, :trac:`ticket:1`
 * チケットのコメント: :trac:`comment:ticket:1:2`
 * レポート: :trac:`{1}`, :trac:`report:1`
 * チェンジセット: :trac:`r1`, :trac:`[1]`, :trac:`changeset:1`
 * リビジョンログ: :trac:`r1:3`, :trac:`[1:3]`, :trac:`log:@1:3`, :trac:`log:trunk@1:3`
 * Diff (バージョン 0.10 以降): :trac:`diff:@20:30`, :trac:`diff:tags/trac-0.9.2/wiki-default//tags/trac-0.9.3/wiki-default`, :trac:`diff:trunk/trac@3538//sandbox/vc-refactoring/trac@3539`
 * Wiki ページ: :trac:`CamelCase`, :trac:`wiki:CamelCase`
 * マイルストーン: :trac:`milestone:1.0`
 * 添付ファイル: :trac:`attachment:ticket:944:attachment.1073.diff`
 * ファイル: :trac:`source:trunk/COPYING`
 * 特定のリビジョンのファイル: :trac:`source:/trunk/COPYING@200`
 * 特定のリビジョンのファイルの特定の行: :trac:`source:/trunk/COPYING@200#L25`


上記の例のいずれも、異なる記法で書くことができます:

{{{
#!rst

See _`ticket:123`

 .. trac:: ticket:123 チケット 123
}}}

See _`ticket:123`

.. trac:: ticket:123 チケット 123

この記法はリンクに対して明示的にラベル (訳注: title 属性ではなく表示される本文) を指定できる利点があります。


See also: WikiRestructuredText, TracLinks